コンタクト装用者のアレルギー|河口内科眼科クリニック|江東区清澄白河駅の内科・眼科・内視鏡検査

〒135-0021 東京都江東区白河三丁目1番3号
tel.03-6458-5980
ヘッダー画像

ブログ

コンタクト装用者のアレルギー|河口内科眼科クリニック|江東区清澄白河駅の内科・眼科・内視鏡検査

コンタクト装用者のアレルギー

コンタクトレンズを装用している方に多いアレルギー性結膜炎として巨大乳頭結膜炎という病気があります。今回はこの巨大乳頭結膜炎についてのお話です。

 

巨大乳頭結膜炎とは

コンタクトレンズ、義眼、手術用縫合糸などの機械的刺激による上眼瞼結膜に増殖性変化を伴う結膜炎のことを指します。

わかりやすく言うと、上まぶたをひっくり返した時に充血とブツブツ(乳頭)があったら巨大乳頭結膜炎の疑いがあるということです。

 

コンタクトレンズ合併症

巨大乳頭結膜炎の発症には、コンタクトに付着した汚れ(たん白質)によるアレルギー反応と機械的刺激の関与が考えられています。

コンタクトの装用による上眼瞼結膜の乳頭結膜炎を総称してCLPCcontact lens-related papillary conjunctivitisコンタクトレンズ関連乳頭結膜炎)と言いますが、その中でも一つあたりの乳頭の大きさが直径1mm以上のものを巨大乳頭結膜炎と言います。

 

症状

一般的なアレルギー性結膜炎と同様、眼のかゆみめやにが出ます。めやにが出るためにコンタクトはくもりやすく、また汚れが付着しやすくなります。進行するとコンタクトがずれやすくなったり、かゆみや異物感が強くなります。

 

治療

コンタクトの装用自体が発症の原因となっていますので、コンタクトの装用の中止が必要になります。また同時に抗アレルギー点眼薬や、重症になるとステロイド点眼薬の点眼が必要になります。

治療により症状が改善したら、コンタクトの素材選びレンズケアの方法を確認して、継続的にコンタクトを使用できるようにしていく必要があります。

 

予防

コンタクトを装用している方は定期的な眼科検診が必要になります。その際診察時に上まぶたをひっくり返してコンタクトによるアレルギーが出ていないかチェックします。ブツブツ(乳頭)が小さいうちに1dayコンタクトに変更したり、抗アレルギー点眼薬を点眼したりすることで重症化を防ぐことが大切です

 

〇江東区清澄白河駅から徒歩3分の河口内科眼科クリニックでは、健診、内科検診、内視鏡、眼科検診のご予約を随時受け付けています。生活習慣病胃腸の病気、また鎮静剤使用で苦痛のない胃カメラ・大腸カメラの同日検査、また当日ポリープ切除が可能です。眼鏡処方コンタクト、その他白内障緑内障糖尿病などの一般眼科はもちろん、小児眼科低濃度アトロピン点眼による近視抑制治療も行っております。