ヘッダー画像

医師紹介

医師紹介|江東区清澄白河の内科・眼科・内視鏡検査は河口内科眼科クリニック

DOCTOR

院長あいさつ

院長 河口 貴昭

河口内科眼科クリニックのホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。院長の河口貴昭です。
私は、ここ江東区白河の地で昭和初期より続く河口歯科医院の次男として生まれ、口腔の健康を通じて全身の健康を支えようと日々診療を続ける父の背中を見て医学の道を志しました。
千葉大学医学部を卒業し、NTT東日本関東病院で内科全般を学んだ後は、一貫して炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎やクローン病)という腸の免疫難病の治療に取り組み、JCHO東京山手メディカルセンター(旧 社会保険中央総合病院)髙添正和先生や慶應義塾大学医学部内科学(消化器)金井隆典教授の御指導のもと、小学生からご年配まで幅広い年齢層の患者様を外来・入院問わず数多く主治医として診療してまいりました。炎症性腸疾患は生涯にわたる疾患のため、就学や就労、結婚、出産などの大切なライフイベントを乗り越えるために様々なアドバイスやサポートが必要となることから、私は患者様の想いにしっかりと耳を傾ける診療を大切にしてまいりました。
また日々診療を続けていく中で腸内細菌がヒトの健康に及ぼす影響について興味をもち、理化学研究所慶應義塾大学医学部微生物学免疫学教室にて本田賢也教授の御指導のもと、ヒト腸内細菌と腸管免疫に関する研究を行いました。近年、腸内細菌叢(腸内フローラ)の乱れが腸の病気(慢性便秘症、過敏性腸症候群(IBS)、炎症性腸疾患、大腸がんなど)だけでなく全身の様々な病気(糖尿病、動脈硬化、心筋梗塞、アレルギー、アトピー、うつ病、自閉症など)にも関与していることがわかってきており、また自律神経系の乱れも腸をはじめ全身の様々な臓器に悪影響を及ぼすことが知られています。食生活の乱れや運動不足、睡眠不足、ストレス、抗菌薬の濫用など、現代人の我々は腸内環境や自律神経を乱しやすい生活をしていることから、これらを見直すことは様々な病気の治療や予防に役立つと私は考えています。

2022年11月、私はこれまで自分の培ってきた経験と知識をより多くの方々に還元したいと考え、眼科専門医である妻とともに「河口内科眼科クリニック」を開設いたしました。内科と眼科の両方があるクリニックはめずらしいかと思いますが、内科疾患と眼科疾患は合併することも多く、近隣にお住まいの皆様にとって便利なクリニックになっているかと思います。また、生活習慣病の予防と治療、胃がんや大腸がんの早期発見にも力を入れ、地域の皆様の健康長寿にも貢献いたします。もちろん炎症性腸疾患については私の生涯のライフワークとして近隣のみならず遠方の患者様も広く受け入れ、通学や通勤の途中に気軽に受診ができるようにしております。

私たちは、ひとりひとりのお話に真摯に耳を傾け、その方に合った治療・予防を一緒に考える診療が重要であると考えています。また、患者様が病気でつらく不安になっていらっしゃる時、そのお気持ちに寄り添ってそっとサポートしてさしあげることも私たちの大切な務めだと思っております。
「病を治し、心を癒し、あなたの豊かな人生に貢献したい」
この思いを大切にしてスタッフとともに一歩ずつ歩んでまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

河口内科眼科クリニック 院長

河口 貴昭

略歴

1997年 私立麻布高校卒業
2003年 千葉大学医学部卒業
2003年 NTT東日本関東病院 内科レジデント
2005年 社会保険中央総合病院 炎症性腸疾患センター 医員
2014年 東京山手メディカルセンター 炎症性腸疾患内科 医員
2015年 理化学研究所 IMS消化管恒常性研究チーム リサーチアソシエイト
2019年 慶應義塾大学医学部 微生物学免疫学教室 特任助教
2020年 慶應義塾大学医学部 内科学(消化器)助教
2022年 河口内科眼科クリニック開設
水戸赤十字病院 非常勤医師(IBD専門外来)
井の頭通りこう門科胃腸科 非常勤医師(IBD専門外来)
深川第二中学校 校医(2024年4月〜)

資格・所属学会

  • <資格>
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本消化器病学会消化器病専門医
  • 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
  • 日本炎症性腸疾患学会IBD専門医・指導医
  • 東京都難病指定医
  • 身体障害者福祉法第15条指定医(小腸機能障害、直腸膀胱機能障害)
  •  
  • <所属学会ほか>
  • 日本内科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本炎症性腸疾患学会
  • 日本消化管学会
  • 日本大腸肛門病学会
  • 日本消化吸収学会
  • 日本免疫学会
  • 日本臨床免疫学会
  • NPO法人日本炎症性腸疾患協会 IBD News編集委員

DOCTOR

副院長あいさつ

副院長 河口 奈々恵

副院長の河口奈々恵と申します。
私は子どものころに病気で何度か入院をしたことがあり、患者として医療に接することが多かったことから、不調の原因がわからないことや今後の見通しが立たないことに不安を感じたり、医療者の一言で元気づけられることもがっかりさせられることもあったり、そのような経験をたくさんしてまいりました。そんな中、主治医の女性の先生が明るく真摯に対応してくださる姿に憧れ、医師を志すようになりました。
千葉大学医学部で学び、卒業後の進路を考えつつ各診療科の実習を受ける中、眼科の実習で細隙灯顕微鏡を用いた目の診察をさせていただく機会がありました。目は直径24mmほどの小さな臓器ですが、顕微鏡から覗く世界はまさに目が覚めるほど広く美しく、目の中の世界にすっかり魅せられてしまいました。こうして私は眼科医になることを決めました。
千葉大学を卒業後、慶應義塾大学眼科学教室に入局し慶應大学病院で研修をしました。こちらでは角膜、白内障、眼光学、網膜、ぶどう膜、眼窩など、様々な専門をもつ先生方が日夜意欲的に学びつつ診療にあたっていて、専門的な知識はもちろんのこと、医師としての心構えや姿勢を学ばせていただきました。研修後は埼玉メディカルセンター(旧・埼玉社会保険病院)に勤務し、大学病院で診ていた疾患よりもより身近な病気について学ぶことができました。その後、出産・育児のために非常勤勤務とはなりましたが、1人目の出産後は慶應大学病院で眼光学について学び、また2人目の出産後は済生会中央病院眼科での様々な眼疾患の診断治療と埼玉メディカルセンター健診センターでの眼疾患の早期発見に努めてまいりました。現在は子どもたちもだいぶ成長しましたが、小さい頃は病気やケガで病院のお世話になることも多く、身近に頼れる医療機関があることの安心感がどれだけ大切かということを改めて教えられました。

このたび、河口内科眼科クリニックの副院長として私のこれまで培ってきた眼科の知識と技術を清澄白河の地域の皆様にご提供させていただくこととなりました。私は人が好きなので、患者様にとってより身近な存在となれることがとてもうれしいです。また、患者様との会話を大切にし、その方に合わせた治療法を一緒に考え、目の健康を通じて皆様により豊かな人生を送っていただけるようお手伝いできることに大きな喜びを感じております。
目のことでご不安がございましたら、お気軽にご相談ください。町の頼れる目医者さんとして、赤ちゃんからご年配の方まで、幅広い年齢層の方々のお悩みに真摯に対応していきたいと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。

河口内科眼科クリニック 副院長

河口 奈々恵

略歴

2003年 千葉大学医学部卒業
2003年 慶應義塾大学病院 眼科
2005年 埼玉社会保険病院 眼科
2007年 慶応義塾大学病院 眼科
2011年 東京都済生会中央病院 眼科
  埼玉メディカルセンター 健康管理センター
2022年 河口内科眼科クリニック 副院長

資格・所属学会

  • <資格>
  • 日本眼科学会認定 眼科専門医
  •  
  • <所属学会> 
  • 日本眼科学会 日本近視学会 日本小児眼科学会